600px “Artisan | 職人”

ホノルルのチャイナタウンに、茶香室[CHAR HUNG SUT]という中華饅とか焼売などを製造販売しているファクトリーストアがあります。早朝5時頃から開店しているこのお店には、たくさんのローカルチャイニーズが働き、ひっきりなしに流れてくる小麦粉を練った固まり的な物や、お肉がふんだんに練り込まれた餡と格闘している姿を見ることができます。

竹のヘラでちょいちょいと切り分けられた小麦の団子に、チャーシューや中華餡などを巧みに包み込んでいきます。その手さばきには一切の無駄がなく、繰り返される作業はとても美しく、まさに職人技です。職人がいるお店に共通して言えるのは、作業をする職人さんだけでなく、レジや注文を取るスタッフさえも機敏で無駄がない。まさに注文職人であり、レジ職人なのかもしれません。入り口に入った瞬間から、何故か若干恐縮してしまうプロ技をご堪能ください。