愛着があるものがなかなか捨てれず、困る事がしばしばあります。以前『8年間着たシャツ。』について書きましたが、さらに4年も上回る『12年は着ている紺色のカットソー。』について書いておこうとおもいます。捨てたいけれど捨てれない、そんなカットソーです。

 

このカットソー、何の気なしになんばの無印良品で買ったもので、この12年間これと言って特に深い想い出もありません。8年着たシャツ同様、いいい加減に捨てようと思っているのですが、このくたくたになった厚手のカットソーが捨てられず既に何年か経っています。とにかく着まくって襟元や袖はボロボロでみっともないのですが、いつも一緒にいるいわば家族に近い存在で捨てられません。ハワイに来てからもかなり重宝していて、実のところ今でもたまに着ています。

  

 

思い返せば『何の気なしに買った』というのも解せない行為なのですが、無駄なお買い物をしてしまう事がありますよね。過去には買っただけで、自分では全く使わずにあげてしまったものもありました。世の中の仕組みが分かった今、そう言うものを捨てたりあげたり、ドネーションしたりした時に『本当に僕に必要だったのかなぁ』と考えるようにしています。そういや、現在枕カバーとして生まれ変わった『7年着たポロシャツ』も枕カバー暦3年くらいになるので、この際コイツも枕カバーにリサイクルするかな。写真のバックにあるリラックスマガジンも2000年から買い始め、廃刊になった今でも共に過ごしている。いつか捨てる日が来るのだろうか。