ポラロイド SX-70

名刺百本ノック003:LAND CAMERAMAN:ムナカタケン
シャッターを押すと、底からフィルムがジジーと出てくる。ある人はフォルムをパタパタと振り、ある人は脇の下で暖めて現像を待った。
1972年、SX-70というインスタントカメラが開発され、ポラロイドは世界中に名前が知られるようになりました。その後も改良を加え、78年にソナーがついたオートフォーカスモデルなど数々の名品を生み出しました。90年代に入り画期的なインスタントカメラも時代の波に飲まれ、衰退していくことになります。しかし、その独特な色合いを持つスクエアフォーマットの写真は、多くの人々に愛され続けています。
LAND博士のSX-70。早く復刻版でないかなぁ。
オマケ:
Polaroid SX-70 Ad
JUGEMテーマ:名刺百本ノック。