ラララハワイ生活

ハワイ先住民は、先史時代ポリネシアからやって来たと推測されていた。しかし、どうやってこの広い海を正確に渡ってやって来たのだろうか、という疑問があった。星の動きを見て航海をする秘術があった。海図はもちろん、GPS、六分儀、羅針盤、海図、クロノメーターなどの近代計器を一切使わず、星の動きや、海流や波浪の観測、生物相の観察、風向の観測などの自然現象をたよりに舟を目的地に導く伝統航海術(スターナビゲーション)のことである。しかし、既にハワイやポリネシアにも、このスターナビゲーションを受け継いだ者は誰一人としていなかった。この失いつつある伝統技術を、現在でも受け継がれている地域があった。ミクロネシア諸島、カロリン諸島。中でもサタワル島では、スターナビゲーション口承によって受け継がれ、現在でも漁などの技術の一つとして生きていた。カロリン諸島各地に古代から伝わる推測航法術(スターナビゲーション)の達人に、マウ・ピアイルグという長老がいた。ハワイは、マウにハワイの未来を託すことになった。
アメリカ合衆国建国200周年記念事業の一環として行われた航海カヌー「ホクレア」によるハワイ・タヒチ間往復航海にマウ・ピアイルグ氏を航海長として招聘し、マウは近代的航法器具を一切使用せず、船を無事にタヒチまで導いた。
自分たちはどこからやって来たのか。
これからどこへ進むべきなのか。
ホクレア号は、伝統的航海術をハワイに蘇らせ、ハワイの人々がどこから来たのかを科学的に実証し、失われつつあるハワイの伝統文化復興運動のシンボルとしてハワイ第一号の州宝になった。また、ホクレア号の航海長のひとり、ナイノア・トンプソンは、マウから伝授されたスターナビゲーションを、西洋天文学とを組み合わせ発展させている。
ラララハワイ生活
7月12日、サタワル島のマウ・ピアイルグ氏が逝去されました。
7月24日、マウの功績を讃え、感謝と切なる祈りを込めて、マウが辿ったハワイのゆかりの地を廻るたびにホクレアが出発しました。早朝4時から、ハワイ中からたくさんの人が集まり、日の出を迎え、ブレッシング後、静かに出航していきました。
僕はどこからやって来たのか。
僕はどこへ進むべきなのか。
マウやホクレアにたくさんのことを学び、今の僕があると行っても過言ではありません。マウが安らかに眠られることを祈り、この出来事に偶然にも立ち会えたことに感謝した一日でした。加奈子ちゃん、ありがとう。
JUGEMテーマ:ハワイ生活。