日本人とドイツ人は、気質が似ていると言われています。

ドイツがドイツ帝国として統一されるまでは小国の集まりで、日本同様限られた資源の中で世界に打ち出せる商品の開発が必要だったそうです。そこで『質実剛健』『志操堅固』など、もの作りの考え方が発展したと言われています。

ディーター・ラムスは、ドイツを代表する家電製品メーカー「ブラウン社」デザイン部門のディレクターとして30年以上も活躍した人物です。彼が手がけた製品には『質実剛健』『志操堅固』を具現化したものが多く、古典的なデザインの中に、いつまでも廃れない新しさを感じます。ブラウン社を退職した今なお、世界的に高い評価を得ています。彼が手がけた製品を16年に渡って使って来ましたが、ついにモーターがいかれてしまったようです。写真のひげ剃りは2代目のBraun 5313。先日、電気屋さんやインターネットで同じものを探したのですが、見つけることができませんでした。ディーター・ラムス退職後、Braun製品のデザインも随分様変わりした様です。そうはいっても仕方がないので、Series:3というモデルを買ったのですが、何となくしっくり来ないなぁ。のぺっとしたかまぼこ型のひげ剃りがいいなぁ、やっぱり。

 
 

 
Braun Aromaster KF400 Type 4085 Design by Dieter Rams
 

ディーター・ラムスの良いデザインの10ヵ条
The Ten Commandments on Design

 

1.良いデザインとは、革新である。
Good design is innovative.

2.良いデザインとは、実用をもたらす。
Good design makes a product useful.

3.良いデザインとは、美的である。
Good design is aesthetic.

4.良いデザインとは、理解をもたらす。
Good design helps to understand a product.

5.良いデザインとは、謙虚である。
Good design is unobtrusive.

6.良いデザインとは、誠実である。
Good design is honest.

7.良いデザインとは、長命である。
Good design is durable.

8.良いデザインとは、最終的にディティールへと帰結する。
Good design is consequent to the last detail.

9.良いデザインとは、環境への配慮とともにある。
Good design is concerned with environment.

10.良いデザインとは、可能なかぎりデザインを抑制する。
Good design is as little design as possible.

 

学ぶべきものはここに詰まってる気がします。もっと勉強したい人です。

(参考:Wikipedia ディーター・ラムス