ラララライフ | llllife

 

ラララライフ | llllife

社会を変えられると信じている人々。

 

京都で暮らしていた頃、自転車が大好きな人々と出会いました。そして彼らは困っていました。クルマが走るための道路を中心に社会が作られ、歩道を走れば歩行者に邪魔にされ、道路を走れば容赦ないクルマのクラクションに妨げられ、自転車が安全に走れる場所がないからです。彼らは町中を自転車で走り、現代の自動車を中心とした交通社会に警鐘を鳴らしていました。しかし小さな活動だったために人が集まらず、道路の共有を求める活動は途絶えていまっていたのです。

 

1992年サンフランシスコ、車社会の中で職場である道路を失ったメッセンジャーや自転車愛好家が、多発する交通事故や自動車中心の交通社会に警鐘を鳴らし、道路を車から取り返えす為の行動を起こしました。臨界点を超えた彼らの活動をクリティカルマスと呼びます。彼らの中にはクルマの上でジャンプし、ブルマをベコベコにするなど、過激なアクションもありました。この活動がメディアに取り上げられ、逆に自転車から道路を取り返す自動車愛好家達のクリティカルマスなどの出現もありました。

 

日本では、COP3が行われた1997年、京都の学生2人が車道を走ったのが、事実上アジア初のクリティカルマスとなりました。先ほどご紹介した自転車好きの彼らのアクションでした。活動はアメリカのものとは異なり、『道路を自転車で走る』というものでした。京都で始まった日本のクリティカルマスをTAKUYAとARATA、そして僕とで再開することにしました。先ずは宣伝。クリティカルマスのチラシやステッカーを配り、ホームページを立ち上げました。京都の商店の皆さんにご協力いただいたりもしました。そして、地元新聞にも活動が掲載されることもあり、次第に人々が活動に参加するようになりました。その後、京都をはじめ、東京、大阪、神戸、横浜、名古屋、新潟、福岡で開催されるようになり、全国へと広がっていきました。

 

時代は変わり、車に依存した交通システムの現状に不満を持っている方だけでなく、街中に漂う排気ガスに怒りを感じている方、環境問題に立ち上がった方、自転車好きの友達が欲しいなど、様々な思いを持たれた方が集まり、現在でも各地で行われているようです。みんなで車道を走ることで、道路が車だけのモノではないということをアピールする。自転車で道路を走ることは、決して安全なことではありません。それでもこのアクションが、いつか日の目を見ると信じて走った仲間がいました。今は何をしているかはわからないけれど、同じ目的に向かって一緒に走った時間を忘れることはありません。

 

アメリカには「SHARE THE ROADS」という看板があるように、自動車と自転車が共有できる環境があります。しかし、まだまだ危険な場所が多く安全ではありません。このような状況を改善するツールとして People for Bikes [ http://www.peopleforbikes.org ]という団体があるのでご紹介します。People for Bikesは、現在の自転車環境を改善するためにアピールをしています。道路の整備、排気ガス抑制と地球温暖化防止、そして健康的なよりよい社会を形成するために、自転車を安全に利用できる社会を作りたいと考えています。現在、100万人署名を持って行政に訴えかけようとしています。インターネット上で署名ができますので、ぜひホームページをご覧ください。