ラララ

日本とは異なる文化。
アメリカはカード先進国(当たり前すぎてもう言わないかも)と言いますが、クレジットカードについて日本と大きな違いがあります。それは簡単に発行してもらえない、という点です。日本にいた頃は、審査などほとんどなしで即日発行するカード会社も多く、すぐさまに30万円くらいのキャッシングまでできるカードを発行してもらえました。しかし、アメリカは、クレジットカードの発行審査基準はとても厳しく、収支状況やローンを組んでいる場合のヒストリーが審査され、移住したばかりの時は全く発行してもらえません。仮に発行してもらえたとしても、クレジットの上限が$300程度で設定され、なかなかヒストリーを稼ぐことができません。
僕自身、ハワイに移住した頃はクレジットカードは一枚も持っておらず、何をするにもデビットカードを使っていました。会社を設立した当初、ようやく$300上限のカードを発行してもったのですが、レストランやちょっとした支払いでもはねられる事も多く、妙にひもじい思いをした事を憶えています。その後、ちびちびとヒストリーを作って行き、最近になってようやくクレジット会社からのオファーが来るようになりました。ちょっとした幸せ。
アメリカに移住したら、できるだけ支払いはクレジットカードで行い、小さくてもヒストリーをためていきましょう!